綺麗な結婚写真を撮る為のポイント

結婚式の時、誰もが綺麗な写真を残したいと思うものです。綺麗な結婚写真を残すためには、いくつかのポイントをおさえることが大切です。それでは、どのようなポイントをおさえれば綺麗な結婚写真を残す事ができるのでしょうか。まず、一つは前撮りで撮るという方法があります。前撮りとは結婚式よりも前の日に写真を撮影する事です。結婚式の当日は何かと慌ただしくなるため綺麗な写真を残したいと思っても残せなくなります。この為、その前に写真を撮っておく事で綺麗な結婚写真を残すことができます。

このメリットは先に述べたように綺麗な写真を残すことができるというだけでなく、当日と同じ衣装で撮る場合にはヘアメイクのできを確認することができるというメリットもあります。この為、メイクやヘアアレンジが希望と違った場合には調整してもらうことも可能なので、当日こんなはずじゃなかったという事態を防ぐ事もできます。また、挙式や披露宴で着ない衣装を身につけ希望のロケーションで撮影してもらうケースもあり、お洒落な写真を残すことができます。また、挙式、披露宴の時の写真についてスタッフに依頼する以外にも友人にカメラ係を依頼するケースもあります。この時に大切なことは、進行を事前に伝えておくことです。式や披露宴の進行は分刻みで決まっているため、行き当たりばったりでは綺麗な写真を撮ることはできません。なにより、進行を知らなければ進行の妨げになる場合もあるため、進行を伝えておくことは大切なポイントです。

この時、担当者と同席して一緒に打ち合わせをしておくとより良い写真を残す事ができます。また、ここだけは撮って欲しいという場面があった場合には、しっかりと伝えておくことが大切です。また、会場は早めに下見をしてもらっておくと良いです。カメラをかまえる位置を想定しておくと、本番の動きも良くなる為です。そして、挙式の時に友人にカメラ係を頼む場合、通常、祭壇に近い席は親戚の席になっているため注意が必要です。なぜならば、友人席では遠くなるため後ろ姿しか撮れなかったりするからです。事前に了承を得て、祭壇に近い通路側を確保しておくように手配しておくことが大切です。このように、綺麗な結婚写真を手に入れる為には、事前の準備が大切なポイントになります。得に、当日、写真係を友人に頼む場合には、友人が写真を撮りやすい環境を作っておくことがポイントです。また、新婦の小物や披露宴で出された料理なども別に撮影しておくと思い出の一つになります。