結婚写真は一生に一度の思い出写真

結婚写真は結婚するにあたり記念として必ず撮るものです。写真を撮影するためにフォトスタジオへ出向き撮ります。その前に着用するタキシードやウェディングドレスを決めるために衣装スタジオへ出向きます。そこで結婚写真を撮るための衣装を合わせていきます。大抵の場合はレンタル利用します。何着もの衣装を試着して、自分に気に入った一着を決め、指定した日にフォトスタジオで撮影をします。結婚写真は一生残るものです。最初で最後のものです。

記念すべき一枚とするために何枚もの写真を撮ります。ポーズを変えてみたり、撮影する角度を変えたみたりと何度も微調整をしながら撮影は進んでいきます。証明の明るさや角度を変えることによっても写真の写り具合は変わります。人生で最も輝いている瞬間であり、最も綺麗な、格好の良い瞬間でもあります。その瞬間を撮るために何時間も要して行っていきます。結婚する場合、結婚式を挙げる方もいれば、籍を入れるだけの方もいます。どちらの方にしても結婚写真は必ずといっていいほど撮ります。特に結婚式を挙げない方にとっては、結婚写真が唯一の結婚を証明するものとなります。一生の思い出となる唯一のものとなります。それだけに思い入れもひとしおとなります。フォトスタジオによってはスタジオでの撮影以外にも屋外での撮影を行っているところもあります。

屋外での撮影以外にも、両親との撮影やペットとの撮影、先に子供ができたことによって後回しになった方は、子供と一緒に撮影したりできるようなオプションも設定されています。2人の門出を祝うものです。綺麗に撮ってほしいと誰もが願っています。撮影された写真は何枚もの複製をしてそれぞれの両親や親族などに配布します。フォトアルバムとして立派なアルバムに入れて配布します。また、年賀状などにもその写真を使用したりします。結婚式に招待することのできなかった方への報告も兼ねています。その際にも使用されます。結婚式を挙げなかった方は、これを結婚報告として使用します。結婚した初年は自分たちの記念であるとともに、結婚の報告としても使用するため、多くの枚数を使用することとなります。結婚写真は度々見るものではありませんが、子供に見せたり、10年、20年後などに昔を思い出す時など何かのきっかけがある時に見たりすることがあります。その写真を見ながら若かりし頃を思い出し、これからの人生を頑張ろうとも思える写真でもあります。